●御岳山2013.1.28 その1

武蔵御嶽神社本殿

都心方面を望む

玉垣内

高校の同級生たちと青梅にある御岳山に出かけてきました。
出かける頃は雪が降っていたのですが、着いたころにはお天道様の恵みも受け良い感じ。
ここは古くからある信仰の山。標高は929m。だからそんなに高くはないんだけれど、ケーブルカーに乗らずに歩いた友達の話を聞くと、結構急で下から昇るのはきついらしいっす。(体力にもよるけれどね。)
ということで私たちは滝本駅から黄色のケーブルカーに乗り御岳山駅に到着。
そこから都心を眺めます。この写真では判りませんが、新宿の高層ビル群やら東京タワー、スカイツリー、筑波山をしっかりと観ることができます。やっぱりここは東京なのね…って感じ。
「毎年新年会を御岳山で開催している」というおばちゃん達(←なんかいいよね!)を抜き、ケーブルカーの駅から10数分ほど気持ちの良い場所や細い路地、土産物店などを過ぎると神社の階段に到着。
手水舎も凍ってました。 
階段を昇っていくと、かわいい犬に2匹ほど遭遇。ここにはワン(犬)ちゃんのお清めに来る方も多いのですって。それは何故かというと、御嶽の守り神様は「おいぬ様」と呼ばれている日本狼だから。それは日本書紀に記されている日本武尊(やまとたける)にちなんだお話が由来のようですよ。
前回の雪が残っていて危険ということで、残念ながら玉垣内には入れず、柵の外側から神様たちとお話。木々のサワワワワ〜という音は、山の神々が私たちを歓迎してくれている証拠だね。

Year Card 2013年 & Monthly Card 2013年1月

鎌倉・衣張山 道祖神

鎌倉・衣張山 地蔵にお参りする猫ちゃん

2013年の正月が清々しく明けました。
今年が全体的にどのような感じになるのかを、カードでひいてみたら
「Hi’iaka(ヒイアカ)」のカードが出ました。
ヒイアカというのは、火山の女神ペレのお気に入りの妹。
勇敢で心優しく、とても芯の強い女性でもあります。
このカードには、ヒイアカが大地の女神から生まれ、ペレの脇の下で育てられたという神話に基づいた絵柄が描かれています。
自分の身を危険にさらしても、愛する人とその人との約束を一心に守るヒイアカの姿がハワイの神話からは伺い知ることができます。
このカードをひいたときに、私が観じたことは
この一年は母性を発揮して活躍する人が増えるのではないかな…ということ。
実際に、女性でしたら子供を宿す人も増えるのではないかと感じましたし、結婚する人も増えるような気配を感じました。男性であれば自分の内側にある女性的な部分を活かして、ものや自分独自の世界を作り上げていく人々が増えていくのではないか…そんなことを感じました。
自分が愛するパートナーや家族、友人などを通して、自分の本来の資質に目覚めていくことになると思います。
一見、「他人のため」のような出来事も、「自分のため」にやっているのだと自覚して動き出す人が増えるのではないかと思います。
みんなが情や義理などで他人に振り回されるのではなく、自らが愛でつながっていく時代の入り口に入った…そんなことを想いました。
そして、1月のカードは「NALU(波)」のカード
これは、静かに自らの内面に深く向き合い、自分の内側にある絶対的な存在と触れ合うことで、人生や生きることの意味について思いをめぐらすことを示唆するカードです。
人生には、良いこと嫌なこと、色々なことが起きますが、それは全て自分の気持ちが起こした結果でしかないといこと。
「自分の気持ちがどのようにどこに向き合っているのかを再度確認しましょう」というカードです。
たいていの人は自分の外側から全てがやってくると信じて生きていますが、実は全ては私達の内側にあるものなのです。
既に私達は全て自分の内側に持っているのです…幸福も笑いも富も反映も全て。
でも、それを知らないから、欠乏感ばかりにさいなまれて「無い」ということだけに目を向けてしまいがちなんですよね。そうすると、「無い」という事実を自分に信じ込ませる一方になってしまうということ。
だからもし、今、自分にそれが無いな~と感じている人がいるとしたら、「自分には在る」「自分は既に持っている」ということを信じることから始めてくださいね。
そうすると、意外な場所からそれが訪れたり、本当に自分が既に持っていたっていうことに気付いたりしますから。
もし自分にとって不都合なことが起きた場合は、「それを経験したかったから、そういうことが起きた」と理解し、その出来事を受け容れてください。そうすれば、経験はそこで終わりますから。
そういえば、年末に鎌倉の衣張山を友人達とハイキングしてきましたが、その頂上で休んでいると、一匹の猫ちゃんがやってきました。
衣張山にはところどころにかわいらしいお地蔵さんがあるのですが、その一つのお地蔵さんに向き合って座る猫ちゃんも何かをお祈りしているように見えました。
私の内側には意図があり、それを周りに広める(宣言する)からこそ現実が作られるわけです。
意宣り(いのり)があるからこそ、それを叶えようと自分も周りもそれに向けて動くわけですよね。
初詣で皆さんは何を意宣りましたか?
それは、自分を、そして、みんなを幸せにする意宣りでしたか?
今年一年、どんなふうに皆さんが既に自分に備わっている幸せを確認できるか楽しみですね。
よき1年をお過ごしください。

2013年明けましたね!

江の島・稚児ヶ淵からの富士山

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
いつでも新年は清々しい気持ちになりますね。
元旦の朝の湘南は厚い雲が水平線にありましたので、なかなかお日様の姿が観えなかったのですが、それを待っている間に、鳥の羽根のような雲がゆ~ったりと移動する姿や、振り返って眺めると富士山の上にはお月さまがまだまだ輝いて見えていて…自然の姿をダイレクトにゆったりと感じることができるとても好い機会になりました。
今年も山や海に積極的に出かけて、さらに自然と触れ合い、その大切さを感じて、自分の活動の原動力にしたいと考えています。
みなさんは元旦に何を想いましたか?
今年も「Happy!」に向かって、笑顔で一直線に進んでいきましょ~!

Monthly Card 2012年12月

鳴門の渦潮

11月のANUENUEのカードは皆さんにどんなことをもたらしましたか?
今一度振り返って、観てみるのが良いでしょう。
私自身は人がもつ様々な感情を見させていただくことができました。
おかげさまで、今まで自分では見過ごしていた不要な感情やものごとを捨てさせられ、逆に素晴らしいギフトを与えられたような気がします。
そして、様々なことを省みて「全ての人、ものごとに感謝の気持ちだけが自分の中にある」と今はハッキリ言えるようになりました。
そしたら、嬉しい言葉や出会いがたくさん、自分の中に流れ込み始めてきました。
これからが、ますます楽しくなってきましたよ。
さて、12月のMonthlyカード
出てきたのは、「PUHI」
PUHIとはハワイ語で「うなぎ」のこと。
うなぎ達が暴れまわり、水面にはたくさんの「渦」が出来ている様子が描かれています。
その周囲には、ターメリックやサンゴ、ハラの木なども描かれています。
私が今日このカードをひいて最初に降りてきた言葉は
「今までの価値観を捨ててみる・柔軟になる」
12月には選挙や前々から騒がれているマヤ歴の終わりなどがあります。
日本がダメになるとか地球が壊れるとか、不安にまみれた予想もありますが、これは違うと思うのです。
ただ、これまでの常識や、自分が信じていた価値観だけで物事を見ると、きっとこの先、生きづらくなるのは確かなのかな~と観じています。
うなぎはクネクネと曲がり柔らかい身体をしていますよね。
何が起きてもうなぎのように柔軟に気持ちや態度を切り替えていくのが、これからは重要だということをこのカードは知らせているように観じました。
写真の鳴門の渦潮は太平洋と瀬戸内海の海水が出会うことで出来る自然現象。
違うエネルギー同士が混ざり合う姿は柔軟で美しく感動を生みますし、円(和)を産み出すということが非常に興味深い。水は感情も象徴しますしね。
「柔らかさは強さに勝る!」…ということです。
勝るはどっちかっていうと優るかな…。
古い体制の組織やしがらみや情だけでつるんでいるようなグループ(家族なども含め)も、内部から壊れていく時代に入っていくと思います。
そして、その代わり、愛や尊厳をもって集まった人たちが共に物事を成し遂げていく時代に入るのだと観じます。
そのためには、自分はなんでも受け容れていいのだということを自分に許可することと、自分が行動するときの「焦点」が大切になってくるように観じます。
ただし、その焦点に向かってやみくもに頑張ることはありません。
「リラックスして意識するだけ」…あとは、そこに辿り着けるように信じる心を持ち続け、構えすぎずに目の前に出現したことを処理していけばよいだけのことです。そうしているうちに、自然に辿りついているものです。
このリラックスしてお任せっていうのが出来なくて、人はどんどん違う方向に逸れていってしまうようです。ま、それも経験ですからアリ!なんですけど。
きっと、すんなり物事を成し遂げているような人は焦点の当て方が上手で、そこに罪悪感や不安感がないのだと思います。
罪悪感や不安がある行動…たとえば、あなたが家族を置いて、お友達とどこかに旅行することになりました。そのときに「旅行行きたいけど家族を説得しなきゃな~」と、ふと考えたとします。
すると、家族を説得しなければならない状況がそこで作りだされてしまうわけですね。
自分で自分が越えるべき障害を作りだしているわけです。
だから、「私は家族にも遠慮なく楽しくお友達と旅行をする」
そのように意識するだけでOKなのです。
もし、これで家族からの反対があった場合は、心の片隅であなた自身が誰かしらに対して罪悪感や何らかの不安が残っているという印ですから、自分の心や状況を振り返ってみるのも良いでしょう。
そして、その不安を認めたなら意識を変えてみる。そうすれば、状況はおのずと去っていきます。
私自身にも経験があることなので、これはお勧めです。
龍の年もあと1カ月ですね。来年は、伊勢神宮だけでなく出雲大社でも遷宮がある年で、この2つの遷宮が一緒になることは滅多にないことらしいのです。きっと更に輝かしくおめでたい空気の1年になるはず。意識したことが更に加速して現象としておきることになるでしょう。
そのためにも、自分が心地よく自由に生きていくための意識の向け方を今のうちに会得しちゃいましょう。
笑顔輝く楽しい1カ月をお過ごしください。

●2010年末から習い始めた木版画

369(ミロク)

大船観音

祈り

369(ミロク)
広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像を観たときに書いたイラストをもとに木版画を作りました。菩薩様のハワイアンの花で彩ってみました。
大船観音
この観音様が大好きなのですが、描くたびに必要以上にふくよかになってしまう…本当はもっと麗しい姿なので申し訳ない感じ…
祈り
311の復興を祈って彫ってみました。 いまも毎朝、被災地の早期復興成就を祈っています。

ヘリコニア

子猫

弥勒菩薩半跏思惟

ヘリコニア
ハワイの植物です。色々な形のヘリコニアがありますが、このタイプは色鮮やかで、鳥のくちばしみたい。
子猫
子猫の寝姿が大好きで、これは毛糸の玉と遊んでいるうちに眠った猫。でも、良く見るとヒゲを彫り忘れ…失敗作です。
弥勒菩薩半跏思惟
とにかく大好きなんですよ。広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像が。この像の前では自分の欲もすっとび…ただただ平和だけを祈る気持ちにさせられます。一番下に木目をそのまま刷って入れてます。

2012暑中見舞い

2012暑中見舞い
ハガキサイズなんです。写真で撮っているので、色が悪いですね。
でも、これ結構自分では気にいってます。

●淡路島2012.10.29 その2

明石・トンボの標識

柿本神社・亀の水

明石焼き

「トンボの標識」
明石天文館」裏にある子午線を示す標識。鉄柱に地球の子午線をかたどったカゴ球が載り、その上にトンボが真南に向かって止まっているのです。トンボは、秋津島という日本の古い呼び名を象徴しているのですって。
「柿本神社・亀の水」
柿本人麻呂に縁のある神社だそうだ。ここに来る日の明け方に見たのは、和歌を何首か並べて選ぶ夢だったの。なんか、呼ばれたのかな。ここには、亀の水という湧水がありました。美味しかった。
「明石焼き」
明石に来たら、やっぱりこれだよね。旅の最後は、Kちゃんとこれを食べながらビールで乾杯。新大阪でKちゃんとバイバイして、こだま666号で帰途につきました。

●淡路島2012.10.29 その1

淡路島朝日

岩屋海岸

子午線標示柱

「淡路島朝日」
今日で淡路島の旅は終わり。民宿前の海岸から観た朝日。初日に観た朝日は光が少し粗かったけれど、この日の光は透明さが加わったような感じで精彩だった。
「岩屋海岸」
やっぱり最後にここでしょ。ということで、1時間弱…海に足を浸したり、砂浜に大の字で寝転がったり。そろそろ時間かな…とふっと起き上がったら、頭頂のところに白い羽が落ちていた。Kちゃんはそれに気が付いていて、私が拾うだろうと感じてたみたい。こんな風に何かがふっとやってくるのかもね。
「子午線標示柱」
淡路島との別れを惜しみつつ岩屋港から再びジェノバラインで明石へ。
この旅では毎日船に乗ってたな〜。
明石では、「時の道」を散歩してきました。

●淡路島2012.10.28 その3

淡路島カレー

ユダヤ遺跡

奇跡の星の美術館

「淡路島カレー」
淡路島名産のたまねぎとタコのフライがカレーの上に乗っていて美味です。本当は沼島にある唯一の旅館・木村屋さんの海鮮うどんが食べたかったのだけれど、あいにく休み。ならばカレーが食べたいとKちゃんが呟いたと思ったら、洲本に向かう途中で発見。そういえば、洲本に向かう途中にはウリボウにも会ったよ。
「ユダヤの遺跡」
洲本の淡路夢泉景(ホテル)の中にあります。案内係の方に「宿泊客じゃないけれども観たい」と言うと快く案内してくれました。大切にされているようです。目の前に立つと身体がグラグラ〜何らかのゲートになっている模様。数霊・深田剛史さんの本を読んだ時から憧れていた場所…嬉しかった。近くには磐座らしきものも…。お礼にティーラウンジでケーキ&お茶を頂きラグジュアリーな気分満喫。今度はここに泊まろう。
「奇跡の星の植物館」
レンタカーを返すまでに時間があったので、淡路夢舞台の中にある植物館へ。私一人では思いもつかない場所だったので、Kちゃんに感謝。旅って一緒に行く人で本当に変わるよね。たくさんの植物に囲まれて、和やかな気分がより一層和やかに…。

●淡路島2012.10.28 その2

沼島八幡神社

沼島おのころ神社

沼島・上立神岩

「沼島八幡神社」
神主さんが本堂に飾ってある個性的な絵について説明をしてくれた。ここの裏にある森は植物学者さんがよく来て調査などをするらしい。とてつもなく大きな木もあるのだとか…。この森は、自然の強さがみなぎっていた。神主さんによると神社関係者の間では、沼島が「おのころ島」だと強く信じられているとのことだった。 うん、そうかもね。
「沼島自凝(おのころ)神社」
ここに行く間の山道には赤い蟹がたくさん住んでいた。シアトル級の大きなナメクジや色のキレイなトカゲも発見。イザナミとイザナギの像があった。沼島はお見合い番組の舞台にもなった場所。何組か結婚した人も居るようだから、カップリングを望む人には良いエネルギーが流れている島だよね。
「上立神岩」
イザナギとイザナミがオノコロ島に降り立ち、巨大な柱の周囲をまわって婚姻をおこなったという「天の御柱」だともいわれているようです。真ん中がハートの形をしているので、ここに祈ると愛が成就するといわれているようですよ。ここからは観えないのだけれど下立神岩もある。

●淡路島2012・10・28 その1

諭鶴羽神社

諭鶴羽神社の森

沼島弁財天

「諭鶴羽神社」
普段から霧の多い場所。でも、この日はより一層濃かったかも。車一台ようやく通れる狭い山道を登る間そして下山する間、セキレイが道案内をしてくれた。飛び方の可愛らしいセキレイは、イザナギとイザナミの国造りを導いた鳥…なんか幸先良い感じだよね。
「諭鶴羽神社の森」
誰も居ない森には妖精とか精霊とかがたくさん住んでいた…思わず嬉しくて口からメロディ!森に入ると歌いたくなるんだよね。今回の旅でもあちらこちらで歌ってた。
「沼島弁財天」
土生港から船に乗り勾玉の形をした沼島へ!沼島港近くにある弁財天様は港と淡路島をずっと見つめて守ってるんだよね。